ベストスマイルヒストリー

ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー受賞者コメント

女性の部

上白石 萌音さん

俳優

<受賞した感想>
こんな明るい気持ちになれる賞をいただけてすごく嬉しいです。ただ、ベストスマイルですと言っていただけた後に、写真撮影で笑うのは少し照れました。

<今年一番のベストスマイルは?>
出演していたドラマを幅広い年代の方が見てくださっていたので、道で会った小学生や幼稚園生からドラマの役名で呼ばれることや、役のあだ名で呼ばれることもありました。かけ寄ってきてくれた時は、“抱きしめたい!”って気持ちになりました!本当にうれしかったです。

<歯とお口の健康維持のために心がけていること>
緊張したりした時に“ぎゅっ”と歯を噛みしめてしまうと、歯にも精神的にも良くないので、噛みしめないように意識しています。

<最後に一言>
どんなに大変な日々でも、必ず笑える瞬間がある。その時にいい笑顔でいられるように、歯をしっかり磨きたいです。

男性の部

溝端 淳平さん

俳優

<受賞した感想>
素敵な賞をいただけて大変光栄ですし、叔父が歯科医師なので、この賞を受賞すると決まった時はすごく喜んでくれました。今回の受賞を親戚一同嬉しく思っています。

<今年一番のベストスマイルは?>
今年は家にいることが多かったので、動画で心癒されました。特にお父さんが幼い娘さんにドッキリを仕掛ける動画で、自然に笑みがこぼれました。

<歯とお口の健康維持のために心がけていること>
小さい頃に歯科医師の叔父さんに言われていた「歯ブラシはつまむだけ」を今でも気を付けています。

<最後に一言>
人と会って笑顔になる機会が減ってきていますが、今だからこそ人の笑顔を見ることが大切だと実感しています。今後、少しでも皆さんに笑顔になっていただけるように精進していきたいです。

ベストスマイルヒストリー

1993年から続いている
「Best Smile of the year」のアーカイブです。

よ坊さん 日本歯科医師会PRキャラクター
LOTTE
日本歯科医師会

Copyright[いい歯は毎日を元気に]プロジェクト運営事務局
※掲載中の記事、イラスト、写真の無断転用を禁じます